New Authent|ニューオーセント

住まいにどんな未来を描きますか。

 

描きたいのは4LDKではなく
4人が楽しく暮らせる住まい
大切にしたいのは
キッチンの効率ばかりではなく 楽しさや、ゆとりの時間
欲しいのは広さや高さだけでは
なく居心地のいい空間

 

家族の数だけある「暮らしのかたち」

世界に「ただ一つ」のわが家を叶えた、3邸のオーナー様をご紹介。

中庭と土間を空間でつなぐ、おおらかで遊び心あふれる住まい

最大20人ほどのゲストが集まること、住宅地であり、将来的に裏にマンションが建つことなどを考え合わせ、住まいの中心に中庭を設け内側から光を採り込む空間配置、1階にはぐるりと土間をレイアウトした、開放的な空間設計。 土間と中庭に接するロビーは、来客が気軽にくつろげるバーカウンターもある社交スペースに。施主様が望まれた「コンセプトはみんなが集まって、飲んだりできる空間」友人や同僚と時間を共有できる「楽しさ」を実現した住まいです。

 

ビルトインガレージでリビングから愛車を眺める暮らし

1階の一部にガレージを取り込み、憧れのビルトインガレージを実現。キッチンからリビングを通してガレージまでが一直線上に並び、ソファからはもちろん、キッチンからも車を眺めることができます。 1階の窓を小さくして道路側からの目線をさえぎりつつも、二つの吹抜けと高窓により、開放感・明るさは抜群。冷暖房がよく効く、収納が豊富などのご希望もクリアした、ハイセンスな邸宅となりました。

 

ふれあいの中心に明るい本棚を設け笑顔が集い会話の弾む住まい

プライバシーを保つため南側の開口を絞り、天窓から吹抜けを介してLDKに光を導く設計に。家族の団欒を深め、思い出を重ねる場になるよう、1階から2階の子ども室まで届く本棚を設け、階段を添えました。親子のふれあいと採光をもたらす、吹抜け+本棚+階段のあるリビング。憧れを叶えながら課題もクリアしたHさんの住まい。そのアイデアは家族団欒に寄り添う天窓や吹抜け、本棚を設けることでした。


先頭へ