SxL構法

一邸ごとに設計・生産されるSxL構法。
抜群の強度と設計自由度を兼ね備えています。

  一邸ごとに生産されるヤマダ・エスバイエルホームの住まい。 それぞれのプランに最適な耐力壁バランスで設計されています。 高強度の木質接着パネルでつくる六面体構造が抜群の強度を発揮し、長期間の安心と安全を実現しています。

 

SxL構法による抜群の強度

ヤマダ・エスバイエルホームの住まいは、独自の「SxL構法」による抜群の強度が特長です。 これは、在来木造住宅のように、柱や梁などの「点」や「線」で住宅を構成するのではなく、高精度・高強度の木質接着パネルで床と壁を一体化して建物全体を強固な六面体の「箱」にしていく建築工法。 身近なもので例えるなら、ちょうど頑丈な一升マスのような構造です。 地震や台風など外部からの強い力も、高強度パネルによって面全体でバランスよく受け止め、衝撃をすみやかに基礎から地盤へと逃がします。

 

ねじれにも強い強固な構造体を作ります。

高精度で高強度の木質接着剤パネルを使い、4面の壁と1・2階の床(ダイヤフラム水平構面)を一体化させることで、建物全体を強固な「箱」にする六面体構造。面全体で応力を分散するため、水平・垂直方向の力はもちろん、ねじれにも強さを発揮。 

 

建物を強固に一体化する、独自開発のジョイント金物。

地震や台風など外から強い力がかかった場合、最も影響を受けやすいのは構造部材の接合部です。ヤマダ・エスバイエルホームでは、建物の躯体を接合する部分には、独自開発のジョイント金物を採用。土台とパネル、土台と基礎も緊結するなど、基礎・土台・建物を強固に一体化させて外力にしっかりと抵抗します。

 

住宅の強度や性能を左右する施工品質を高める片面パネル構法。

釘打ちやボルト締め、断熱材などの施工がしやすく、仕上がりも目で確認できます。

片面が開いているため、釘打ちやボルト締めなどを正確かつ簡単 にできるメリットがある片面パネル。仕上がりも目で確認できるため、接合部分の強度のバラツキがなく、施工品質を高めることができます。また屋根を葺いてから断熱材を充填することができるので、 断熱材を濡らすこともなく「壁内換気システム」の工事もスムーズに行えます。

防腐・防蟻処理など、さまざまな耐久処理を実施。

地面からはつねにおびただしい量の湿気が立ち昇ってきます。この湿気が木材の含水率を高め、耐久性を低下 させる大きな原因となります。また住まいの大敵である白蟻も、湿気によるじめじめした環境を好むといわれています。ヤマダ・エスバイエルホームでは、基礎工事にあたって、あらかじめ防湿対策を行ない、さらに土台には防腐処理した木材を使用し腐朽菌などの生息を防止するなど、住まいの随所に万全の耐久処理を施しています。

 


先頭へ